長崎市長殿  むつ市職員 100万円着服で懲戒免職

むつ市役所の51歳の職員が防犯協会の運営費など、およそ100万円を着服していたことがわかり、市はこの職員を今月23日付けで懲戒免職処分とした。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

懲戒免職の処分を受けたのは、むつ市役所脇野沢庁舎市民福祉課の主幹。
むつ市によると、この職員は、平成18年から去年までの6年間に、事務局を担当していた防犯協会の支部の運営費86万円あまりや、スポーツ少年団の会費13万8000円などおよそ100万円を着服していたという。この職員は、着服を認めたうえで、「金はパチンコなどの遊びに使った」と話しているという。着服した金のほとんどは、すでに返済されている。

長崎市の場合は・・・・・・・減給処分のみだったようだが・・・・。まさか女学生に何回もチン子見せた職員のように、1ヶ月10分の一の減給処分ではあるまいな・・・・。
 

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット