玄海原発再稼動反対決議/長崎県漁業協同組合連合会

長崎県漁業協同組合連合会は14日、総会を開き、佐賀県の玄海原発の運転再開について、国や九州電力から安全性の十分な説明がないかぎり反対する決議を行った。
都道府県レベルの漁連が、原発の運転再開に反対する決議を行うのは全国で初めて。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

14日長崎市で開かれた長崎県漁連の総会には県内の約70の漁協の組合長が出席し、佐賀県の玄海原発の運転再開に反対する決議を全会一致で決めた。

決議では、「玄海原発から30キロ圏内では長崎の漁船が多く操業し、原発で事故が起きれば水産業への壊滅的な打撃は避けられず、漁業者としては安全・安心な 水産物を提供する責務がある」としている。その上で、国や九州電力から安全性の十分な説明がないかぎり原発の運転再開に強く反対するとしている。
長崎県漁連では、今後、決議文を国と九州電力に提出する。

県内では、玄海原発から30キロ圏内にある松浦市など11の漁協が、県漁連に対して運転再開に反対するよう要望していた。
総会のあと、玄海原発から約8キロのところにある松浦市の新松浦漁協の川上茂男組合長は、「福島のような原発事故が起きれば、我々の業界はすべて崩壊する。国や電力会社に対して運転再開には真っ向から反対していく」と話しているという。
松浦市の離島・鷹島は、佐賀県の玄海原発から約8キロのところにあり、全国一の生産量を誇る長崎県産のふぐの養殖が盛んに行われている。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット