内村航平(大村市)/鉄棒の落下など乗り切り、個人で総合優勝の金メダル

体操の男子個人総合決勝が1日行われ、内村航平が92.690点を獲得して、金メダルに輝いた。

日本選手の個人総合の金メダルは、1984年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司選手以来28年ぶり、個人総合で世界選手権(3連覇中)と五輪を制したのは、内村が初めての快挙となった。

内村航平

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

内村にもプレッシャーがあったのか、国内最後の練習やオリンピックの団体戦まで、鉄棒やあん馬で落下するなど不振にあえいでいた。

しかし、個人戦では、最初のあん馬をミスなくまとめ、3種目目の跳馬で16点台をたたき出し首位に。鉄棒は難度を落として乗り切り、最後の得意な床も15点台を出して逃げ切り、彼岸の金メダルを獲得した。

おめでとう。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット

こちらの記事も一緒に読まれてます。

長崎市仁田小学校・南陵FC出身の吉田選手ゴール