田上長崎市政の問題点

新市民病院事業では、14億も高くて、内容のお粗末な大成グループを落札者とし、その決定の正当な理由の情報開示もしないで契約を強行したり、蛍茶屋小ヶ倉線工事では、業者との癒着により4億2千万も過払いしたり、 

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

浪の平小学校の改体工事は、小曽根乾堂が130年前に創設した貴重な文化遺産を文部科学省(文化庁)の同意も得ず、耐震診断も行わず、跡地利用計画もないままの強行改体です。
最今急に田上市長は、市庁舎は改築(新しく建て、現在を改体)し、市民会館は耐震補強による改修し、公会堂は市庁舎と平行して検討すると言っていますが?

業者との癒着による選挙目当てで言っているとしか考えられません。
去年の年末野球賭博で問題となった市議3人と職員27人がいましたが名前が公表されていませんが?
野球賭博の板垣市議と監査委員長だった西崎らとの画策で言いだした事でしょう。

このような田上市長のやり方で、貴重な市民の血税が使われていいのでしょうか?
明らかに田上市長のこういうやり方は間違っています。
行政を行う上では公正性、透明性が1番重要ではないでしょうか?
今の田上市政はこの2点が明らかにありません。

 

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット

こちらの記事も一緒に読まれてます。