大相撲界と長崎田上市政

日本の国技、大相撲が今危機に曝されている。
一方、長崎市も田上市政により今危機に曝されている。
大相撲界では、最今の数年で数々の不祥事が発覚し
長崎市も田上市長になってから不祥事が多発して後を絶たない。
大相撲界では、昨年野球賭博事件で世間を大騒がせた。
長崎市も、昨年田上市政で野球賭博事件が発覚した。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

長崎市の野球賭博事件では、田上市長と密接な関係の板坂市議を含む3人の議員と田上市長と密接な関係の監査委員長の西崎と現職の管理職8人を含む26人の職員が関係していた事件であった。

相撲協会の事件関係者への処分はそれなりであったが、長崎田上市政では、事件関係者への処分は無きに等しいものであった。

今年になって大相撲界では「八百長」問題が世間を騒がせているが、長崎市でも田上市長になってから「八百長まがい」が蔓延している。
例えば、都市計画道路小ヶ倉蛍茶屋線事業など業者との「癒着」により4億2千万も契約金額より多く支払ったり、新市立病院事業では、14億も高く内容も悪い業者と契約した。

 

今の田上長崎市は「八百長まがい」が蔓延していて、「八百長まがい」の数は数えきれません。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット